FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

美に関するちっちゃい考察

 2018-04-24
【美に関するちっちゃい考察】


年を重ねてくると、目はたるみ、頬は下がり、髪はパサつき、肌はハリを失う、という衰えは逆らえず。

しかし、決して若くない年齢でありながら、いつまでも麗しき先輩方を見て、美しさとはなにか、という興味が湧いたなんでも探求家のわたくしです。

探求の末、ひらめいたわたしの答え。


それは生命力。
美とは、生命力である。


かつて女子大で教鞭をとっていた時、お顔のつくりはそれぞれだけど、どの子も本当に綺麗で私はうっとりしてました。
肌や髪や動作から、生命力があふれてる。

美しいったら、ない。

たぶん、一般的に若い方が男女問わず美しいと感じるのも、「細胞の若さ」という生命力を感じて「美」という感動をしてるんだなあと思う。

その細胞レベルの生命力そのものは、齢とともにどうしても衰える。自然なこと。

では、どうするのか。

それは周りの生命力とつながることかと。
生命力とつながるって、
新緑や、
青空や、
平和な空気や、
綺麗な刺繍や、
形のいいじょうろや、
子どもの笑い声や、
若い人の躍動感、
なんてものに敏感になって、
「はぁ〜〜、いいなあ」って堪能することだと思います。

いつまでも麗しき諸先輩方は、みな、そんな生命力に満ちている気がします。

奪ったり、ひとに勝つのが上手という渇望脱出エンジン優れてます系の生命力ではないよ。

私はもう自分の身の丈に合った暮らしで満足してる、ひとはこんなに豊かさに囲まれてるんだもの、渇望するものはない、と、満ちあふれちゃう生命力ね。

それを、福々しいという。
福々しい顔。
福々しい存在感。
件の諸先輩方も、丸顔、細面問わず、みな福々しい。

40すぎたら自分の顔に責任を持て、とは男性に向けた言葉だったでしょうか。
女性もしかり。

決して若くない40代。
体調も精神面も、内面がありありと顔に丸出しになるおとしごろ。

昨年の手術のあとは、身体がつらくて本当に顔に死相がでてた。
気分も塞ぎ込んでたし、一気に老けたし、かなり貧相な顔してたもんなあ。

福々しい顔でいられることを心がけたいものです。

(そういえば、
マインドフルネスは周りの豊かな生命力と繋がりやすくなるものだし、成人発達理論で言う所の発達段階が上がるって、この手の生命力と繋がりやすくなることかと。
また、NVCで言うニーズはまさに生命力のことだし、この辺りの勉強は美容によいかもしれないなあ(笑)
知を養い、心を磨くことは、外側を磨くことなのね。)
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2018/05/30 08:19】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。