FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

組織の変化と抵抗

 2018-04-18
昨夜はこちら「働き方改革」(小室淑恵著)の書籍で、企業の人事の方や、働き方改革推進チームの方などなどご参加頂きまして、オンライン読書会でした。
豊富な事例と、ハッとするポイントキーワード満載の書籍です。
そして語られる、改革現場の葛藤。

・関係性の質、の重要さ(ダニエル・キム)はやはり重要
・改革に時間がかかることへの負担感
・なかなかゴールが見えないつらさ。
・しかし、変化は確かに起きてる。変化しないことではなく、変化したこと、効果があったことを一つ一つ拾って展開してゆく(書籍でもそれを勧めてました)
・分かろうとしない人はどんなに説明してもむり。
・トップや管理職の理解、発信の大事さと、そこが動かない時の人事や推進チームのつらさ
・仕事を「見える化」(朝メールなどで)することの大事さ
・欧米型の働き方や発想と日本人のメンタリティ
・マイクロソフト社の事例とAI人事評価の可能性

などなど、書ききれないほどたくさん語られました。

終わって感じたことは…
変化の必要性を認識した人は、その一方で変化を恐れるひとの「恐れ」にヤラれる。
コンサル先の推進チームの方も、そんな場面に直面してる。

・忙しいのに、こんなことをやらせて。
・これをやって、意味があるのか?(そこにすでにメンバーの変化や発言量のアップなど「意味」は現れておりその際のビジョンに向かっているのに、やはり、見ようとしないと見えない)
・大事とわかっているけど、めんどくさい
・自分が頑張らなくても、誰かかがやってくれる…

そんな風に現れる、反対派と無関心派の持っている、潜在的な恐れの大きさは、かなり重たい。
そんな時は、光を見つめる時間を長くするべし。
変化した先の可能性と繋がり続けるべし。
そして、恐れの相手はほどほどにして、光を指し示し続けるべし。

もしそれで、無能と言われても、恥をかいても、自分の信じる世界があるなら、私は軽やかにそこにい続けていたいなあ、と改めて思いました。

だって、すでにやり遂げた企業もじゃんじゃん出てきているし、その企業さんたちの豊かさや伸びやかさの報告は、ただ知るだけでも改革の希望なはず。

ワクワクは、枠を超えて。
枠を超え、思い込みを超え、手にしたい働きやすさと働き甲斐を得て欲しい。
枠を超えるときの、葛藤ゾーンに負けないで行こう〜

って、なんだ、やっぱり、個人も、組織も同じだな。
ワクワクしたとこへ、行こうよ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。