FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

傲慢について

 2017-12-09
自分を私物化してはいけない~「傲慢」について】

まず、押さえておきたいことは、本来、自分は自分自身のものではないということ。

子どもと同じ。
身体も能力も感性も、基本的には天からの授かりもの・預かりものである。
だから、自分を私物化してはいけない
子どもを自分のもののように扱ってはいけないように。

今年1月にこれに気がついてから、この感覚はゆっくり増しています。

@@@@@@@@@@@@@

さて、傲慢とはなにか。
それは自分と、自分の身に起きていることを、私物化する事だと最近つくづく思います。

しかし、気がつくとすぐに自分を私物化している。
相変わらず、傲慢な私。

ほめられたら舞い上がり、否定されたらショックを受ける。自分がほめられたり否定された気になっている。
ほんと、傲慢な私。

自分が認識している自分のスペックと、本来のスペックはだいたいずれている。
それに気が付かず、つい謙遜したり背伸びをして何者かになろうとする。
ああ、なんて傲慢な私。

今朝は、かねてからやってみたいと思っていた仕事が、
ひょんなきっかけからわが身に降ってきていることに、腰が引けていた。

「私にこんなことができるのかしら」
「うまくやれるかしら」」と、自分の身に起きていることへの疑念が湧く。

そこで、聡明な友にメッセンジャーで「なんか急に自信がなくなってきた」と打ちあけると、
「ありのりに起きているその出来事は、
ありのり(私のこと)が自力でゲットしたのではなく、巡り合わされていること。必要でね。
自分じゃなくて起きたことを信頼するといいよ」
みたいなアドバイスをくれた。

そうじゃーん!!

全く私はどこまでも、傲慢だ。
全部自分でやっている気になってるんだから。

傲慢とはなにか。
それは自分を、そして自分の人生を私物化することである。

@@@@@@@@@@@@

自分で自分の人生をなんとかしなきゃ、と躍起になり、野心を燃やし、無理をし、内臓1つを取り出さなくてはならないほど身体を酷使してしまった傲慢な自分から、いい加減に卒業しよう。

そんな人生は、もう充分堪能した。
ごちそうさまでした。
これからは流れに乗っていたい。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。