FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

お行儀悪いの、好き

 2017-09-23
【お行儀悪いの、好き】

スイス鉄道で移動してます。

通路を挟んだ隣の席の女性は、
ファンデーションからメイクをスタートし、
ただいま、長いまつ毛にさらにマスカラをつけて、
セクシーな目元の仕上げに入っています。

ああ、長い睫毛が塗りやすそうで羨ましい。

向こう側のご婦人は、
靴のまま(西洋だから?)足をのばして前の座席に乗せてます。

少し先に座ってる男性は、
ウィダーインゼリーみたいな容器を口にくわえたまま、
両手で一心にメールを打ってます。

と思ったら、後ろの席で電話が鳴って、話し出した方がいます。

すると、お化粧を終えたかの美しいひとは、
イヤホンから音をシャカシャカさせて音楽に浸り出しました。


どれも、日本だと顔をしかめられるか、
密かにSNSで陰口されるか、
ポスターなどで控えるよう促される行為ですね。
(通話はもちろん、お化粧は迷惑よ的なポスターもありましたね)

こちらでは、誰も何にも気にしてません。
だからか、私も別に気にならないです。

私は日本の品の良いお行儀の良さは好きです。
こちらの気分を害してこない快適さとお気遣いからの尊重感と、安心感を感じます。

でも、日本という国は、
いつも周りがどう思うか、
迷惑をかけていないか、
みんなが気にして過ごしている気がします。

「あれは良くないわよね、言われる前にその迷惑に気がつくべきよね、だから罪」的な『裁判官』を、
(私も含め)個人も社会も自分の中に抱えて過ごしているのでしょうね。

そして、当人にはっきり意思を言えない我らニッポン人。

こちらの方々、多少混んでいても座席に平気で荷物を置きます。
しかし、「どけて」と言われたら、「はいよ」という感じでどけています。
さすが、アサーティブ。

私は、そして多分、わりと多くの日本人は、
電車がそこそこ混みそうなら、まずは膝に置いておき、
誰も座らなさそうなら、遠慮がちに座席にカバンを置くなんて気の遣い方をしてしまいます。

そうやって日頃から過度なほどに気を遣う、察する文化が、世界に誇る日本のおもてなし文化を支えていると思います。

ですから、何かとお行儀のよい日本が好きです。
大事にしてくれるから、大事にしなきゃ、と思える感じが紳士的です。

でも、こちらのこのお行儀の悪さは、快適です。
好きなことするから、好きにしてて、な感じで楽チンです。


さて、わたしも靴を脱いで(日本人のサガ?)前の座席に足を置き、いまからパンでも食べます。

そのあと、口紅くらい直そうかな。

あ、4人掛けシートに座ってた若い女の子が、隣の人が駅で降りたら、そのまま座席に寝転んだ。

…すきだ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。