FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛する自信、ということ

 2018-01-31
今朝、息子のやることがいろいろ可愛いので「本当に愛おしいなぁ」ってうっとり愛を感じてたら、
そこにかすかではありますが、鋭く尖った一抹の切なさがあるのに気がつきました。

ひとが誰かを無防備に愛し切ることをどこかで躊躇してしまうのは、
この微かな切なさなのかもしれない。

切なさの中身は…
いつかこの子が私から巣立つこと、
彼も幼く可愛いままでなく変化をしてゆくこと、
いつか親を傷つけても自分の道を歩む選択をするかもしれないこと、
私の愛を彼が全て応えなきゃいけない義務はないこと、
私の愛を全て喜んで感謝するわけではないこと、
(つまり、愛を受け取るかどうかは相手の自由)
私が愛してるからといって彼が私を好きかどうかは別なこと、
そう、反抗期には冷たくされちゃう。


そしてなにより、この愛おしさのパワーのまま、
彼を抱きしめたらきっと彼は苦しくてもがくだろうということ。

比喩的にも、きっと、物理的にも(笑)


全身で相手を愛おしみほうけていたら、いつか不意にこれらに襲われ痛い目に合う。
それで傷つくくらいなら、愛することは手加減しよう、と、なる…のかも。

ちなみに、私が我ながらどこかサバサバとツンデレなのは、
多忙で構ってもらえなかった親との関係でこれらの痛みを味わったことがあるからと思ってる。

愛するよろこびは、これらを自分の内側に引き受ける勇気がない限り、
存分に堪能し切れないのかもしれないなあ。

相手が子どもでも、パートナーでも、友人でも。

…でもですね。

最近わたしはそこにちょこっと自信を持ちました。

愛する自信。

だからこれらの切なさを含めて抱えて、自分が愛おしいと思ったものに素直でいられる勇気が少し湧いてます。
そしたら無防備に存分に、愛する喜びを堪能できるのかも。
だとしたら、なんて幸せ。

この今朝の気づきを大事にしてみたいと思いました。

【わたしを生きる あなたと生きる】
スポンサーサイト

「Me too」ムーブメントを見て〜女性が期待する「(まともな)男性の役割」とは

 2018-01-08
【男性の役割とは~「もう、やめようぜ」】

NHKを観ていたら、ゴールデン・グローブ賞の受賞式に女優さんらが黒ドレスでセクハラ抗議をする運動についてのニュースが流れました。
女優さん以外にも、男性の俳優さんも黒い服を着て応戦していました。

そして、「Time’sUP」と書かれた揃いのピンバッジをつけていました。
ニュースでは『男性も黒い服を身につけ、みな胸に「もうやめようぜ」と書かれたピンバッチをつけています』と解説されていました。

本来「Time’sUP」とは「時間切れ」ってことなんだけど、「もうやめようぜ」っていうのは、とてもいい意訳だな、と私は思いました。

なぜなら、男性が男性を諭したような言葉だから。

男女脳を研究したり、夫をリーダーに息子二人の男社会的な我が家の状態をみていると(私は別格(笑))、
やっぱり男性は自分のリーダーだと認識した男性の言うことを、よく聴くもんだなあ、ということがわかります。

(だから、女性はリーダーとなりうる「大人の男性」に尊敬されるほどの豊かさを自分の中に見出す「大人の女性」に成長すべきだ、という自論をもっているんだけど、それはまた次の機会に。ちなみに、株式会社Coreleadが社会に増やしたいと考えている女性リーダーはそういう「大人の女性」です。ぷち宣伝)

セクハラとか、性犯罪についていつも思うのですが、
あれは女性VS男性じゃなくて、女性VSだめんず、という構図だよな~って。

だめんずを抑えることができるのは、やっぱり男性(ちゃんとした男性)なんですよ。それが、「男性」の役割だと。

ジェンダーがかかわる運動は、どうしても女性同士が結託して、
だめんず達への抗議をする構図になっちゃうわけなんですが、どんなに結託していても結構女性同士ってどこか心細い。

そこに、男性が「ゆるさん!」とか言って加勢してくれたら、どんなに心強いか!

なぜ心細いのかというと、おそらく女性は、男女の圧倒的な腕力の差を、過去の歴史の集合無意識でいやってほど味わいつくしているからだと思うのですよねえ。

女同士で「ひどいわね」「そうよね、許せないわよね」「わたしが言ってくるわ!」「たちあがるわ」とやっているときの、どこか漂う頼りなさよ・・・・。

そこに男性が一人でも「守るよ」とか言ってくれたらどんなに、どんなに救われた思いがするか。それがたとえMr.オクレさんみたいなひょろひょろの人だったとしても。(あ、いや、もちろんジョージクルーニーみたいなパーフェクトな男性だとありがたいけど)

そしたら、女性の中の気の強いタイプにエンジンがかかる。ひらきなおったおばちゃんは、強いで~。口では負けへん。
と、まあ、それほど心強いとおもうんだよねえ。


ずっとまえ、学びの仲間がちょっとした痴漢に合った。
エレベーターで気味の悪いことを言われただけで、身体的な実害はなかったのだけど、
当時一人で暮らしていた彼女は心底ふるえあがり、部屋にもどると仲間のグループページに怖さを訴えた。

その怖さは、女性なら嫌ってほどわかる。しばらく震えが止まらないクラスの怖さ。
だから、私ももちろん、他の女性陣からも一斉に励ましやフォローのコメントが入り、彼女も少し落ち着いたようだけど、まだまだ収まらぬ彼女の怯えはコメントの返信越しにがんがん伝わってきた。

そこに、仲間の中の男性陣のコメントが入り始めた。
「ひどいね」
「気持ちわるい男がいるもんだな」
「大丈夫か?」
と続き、
そしてとうとう、

「こんど同じ奴がいたら、俺らで助けに行くよ」と書いたメンバーが!!

わたしはこれを読んで本当に、本当に安心した。

もちろん、みんな遠方に住んでるから、そんな急に助けに行けるわけがない。

でも、その言葉が男性陣から出ることで、ものすごく守られている安心感が得られたのです。

彼女も、この言葉にどれほど癒されたかわからない。



だから、今回、Me tooから始まったセクハラ抗議ムーブメントに男性がわかりやすく加勢してくれた動きが、なんかうれしいしほっとした。

繰り返しますが、あれは女性VS男性の戦いではない。
女性VSだめんずの戦い。


だから、男性の力を借りたい。女性としては。

全部、自論の域を出ない話。

でも、男性の役割って、そういうことだと、私は思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちなみに、組織の女性活躍推進は、女性VS男性の図ではなく、女性VS変わるのが怖い男性

というわけで、やっぱり「変わるのが怖くない」男性のお力が非常に重要。
ということは、またどこかでいずれ。

また、「だめんず」君たちの「だめんず」になった事情について。こ
れまた男女脳を研究していてわかってきたんだけど、
本当に男性の脳みそ構造って、人生に安心して生きていくのがわりと大変なの。
だから、どこかで「育ち損ね」みたいなのが起きやすくて、
本人も不本意ながら、だめんずコースに行っちゃうんだよねえ・・・みたいな話は長くなるのでまたいずれ。

あと、世のなか捨てたもんじゃなくて、
そのだめんず君たちに「依存心」からではなく、
本当に愛から愛情を注げる非常に強い愛をもった女性たちがいることを、
周りの友人を観ていて知りました。
だから、だめんずさんたちはどうしたらいいかというと~、みたいなことは、長くなるからまた、どこかでいずれ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。