FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

男女脳から見たモチベーションの源泉差

 2015-05-27
ぷちメモ。

昨年仕事で求められてしぶしぶ始めたら(だって男女差なんかより個人差でしょ、って思ってたから)、

おもしろくなっちゃって、
ずっと研究中の男女脳。

モチベーションの源泉は…

男性脳:ハングリー精神とその克服
女性脳:ときめきとそれの死守

うん、実感としても脳構造的にも説明がつく。やっと頭がまとまった♪
スポンサーサイト

報告③ 由佐美加子さんから今回の企画のご感想を頂きました。

 2015-05-25
5月22-23日開催いたしました由佐美加子さん「全体性から生きる」シリーズ、
講師の由佐さんからご感想を頂きました。(Facebookより抜粋)

我々が学んだだけではなく、
由佐さんもいろいろ新鮮な体験をしていただけたようで、こちらもうれしくなります。
ありがとうございました。

*********************
子育てするお母さん向けのNVC、
恐れと葛藤を扱って壁を越える自己共感のセッション、
女性のリーダーシップ、
U理論

と、
様々な切り口で世界観を語らせてもらえた3日間でした〜♪ 

はじめて来てくださった方々、
この世界観に初めてふれてくださる方々がたくさんいてとっても新鮮でした^^

日頃無意識に自分の中でつながっているものが、
語ることで明確になり、
改めて自分が今何を伝えたいと思っているのか、
の全貌が体感できた感じ。

どのセッションも最高に楽しかったし、
参加してくださった方々に、
「人生に役立ちます、明日からやってみます」と喜んでもらえたのがとても嬉しかった〜^^


引き出していただいた超パワフルな敏腕プロデューサーの有冬 典子(ありのり)さん、

素敵な進化のスペース、カフェコスモスの源、おーにゃー、たくちゃん、

本当に楽しくて充実した時間をありがとう。
共振していられる空間の歓びに浸りました^^

11月のカフェコスモスでやるCCCコークリエーションファシリテーション基礎講座は今回で満席になり、

1/10-11で2回目を増設し参加を受付ています!
楽しみです。
*****************************
カテゴリ :公開セミナー開催レポート トラックバック(-) コメント(0)

報告②:由佐美加子さん「全体性から生きる」シリーズ 「次世代型女性リーダー像を探る」

 2015-05-24
こちらは、共催いたしましたカフェコスモスオーナーの近藤さんのブログより。
彼女の切り口も、するどくて読み応えがあります。

http://ameblo.jp/planningcosmos/entry-12032154471.html
より抜粋

5月22-24日、由佐美加子さんを名古屋にお迎えして、
3日間にわたり「全体性から生きる」をテーマに4講座を
有冬C&Cコンサルタントの有冬典子さんととカフェコスモスの共催で開催致しました。

中でも24日のリーダーシップ講座での由佐さんの思うリーダーの概念を聴き、
私は息が止まるほど衝撃を受けました。

わたしは・・・・
リーダー????

これまで会社や組織で誰かの上となって働いたこともなく
人を束ねて引っ張っていくような力強さなどカケラもない私。

なのに、カフェコスモスを通して見た時の私のやっていることは
こんなわたしこそが、本当のリーダーであると言われているとしか受け取れない内容。
受講しながらわたくしは衝撃でヘロヘロになっていたのです。

その、由佐さんのリーダーシップの話を少し、書き起こしてみました。

* * * * *

人は、自分以外のものに貢献したい、仕えたいという想いが普遍的にある。
人はこれをなにかの形で発揮したいと思っていると思う。

リーダーとは。
自分以外の何かの全体性に関心があり、人の美しさ(真善美)とつながって全体に仕える人。


みんながこれが美しくてそれが満たされたら幸せだと感じる何か。
それに対して感応するとき、その共鳴が起こるとき、
人は触発される、呼びさまされる感覚になる。

呼び覚まされるとは
なにか新しいものをその人に与えることではなく
内側に既にある、自分もそのことを大事だと思う既にある何か、が振動で触発されて
やってみたいとか、そこに関わってみたい、力を発揮したいとなる。
その力に変わっていくプロセスを起こす源となる人がリーダー。
人を呼び覚ます人。

ただ、
じゃあ呼び覚ましてやろう、といった瞬間、
それはコントロールになってしまう。

共感=同意ではなく、自分にそのエネルギーが響いてくる状態。

共感が起きた時、その人はリーダーとして「表れる」。
その行動を、リーダーシップを発揮していると、「言われる」。

「俺はリーダーシップを発揮している」
と自ら言う人はろくなもんじゃないと思っている。

リーダーをリーダーとして表すのはその人ではない。



どういう人が真のリーダーシップか。

全体性に仕えるという意志と在り方を持っていて
そのことに関して自ら行動し
それが周りの人たちの共感を呼ぶという構造になって
はじめてその人がリーダーとして表れる。

ね、結構、要素が必要です(笑)


その人が大事だと思って志を持って行動しているその姿を見て、
他の人たちはそのエネルギーを感じ、そこに共感し、
それに対して自分もそこに関わりたいと思った時に、
その時に、力はリーダーから周りの人たちに移って行きます。
それをエンパワーメントという。
パワーを加えていく。
すばらしいリーダーの周りにはエンパワーされた人たちがうじゃうじゃいます。

リーダーが意志と行動力で発揮した源となったエネルギーが、
他の人に伝播していって、
その人たちもそこから突き動かされて、
自分の力を使いたいと思い、使うようになるから。

これがリーダーシップだと思う。


* * * * *

由佐さんが伝えてくださったリーダーの概念はほぼ以上のことです。
私の反応は、「ヘロヘロ」でした。
これはもう、二子渉さんに学んだプロセスワーク心理学でいうところの
まさに、2次プロセスに対する強い反応そのもの。
ということは、私はリーダーシップという役割を統合して生きていきたいと思っているのです、よね。( ̄▽ ̄;)

その他にも学びの詰まり過ぎた内容でした。
由佐さん、連日の講演ありがとうございました。
参加者のみなさまも本当にありがとうございました。
中には全講座を受講された方もいらっしゃるほどの人気ぶりでした。
その気持ち、とてもよくわかります。
今後も由佐さんをお呼びする企画を計画中です。
みなさまお楽しみに。

* * * * *

今回の
★由佐 美加子さんセミナー「全体性から生きるシリーズ」全4講★

◆5月22日(金)10:00-12:00
会場...星ヶ丘徒歩1分 COHAL
全体性から生きるシリーズ①家庭編~「いい子」ではなく「生きる力」を持った 子が育つ家庭とは
http://cafecosmos.net/events/2015/0522_100000.shtml
◆5月23日(土)14:00-19:00
会場...瑞穂生涯学習センター
全体性から生きるシリーズ②生き方&コミュニケーション編~「一歩前にでよう!」というとき立ち上がる「壁」の自己共感的扱い方
http://cafecosmos.net/events/2015/0523_140000.shtml
◆5月24日(日)14:00-17:00
会場... カフェコスモス
全体性から生きるシリーズ③リーダー編~女性的経営の実践! 新スタイルマネジ メント経営とは
http://cafecosmos.net/events/2015/0524_140000.shtml
◆5月24日(日)18:00-21:00
会場...カフェコスモス
全体性から生きるシリーズ④生きるテクノロジー編~書籍『U理論』が読めなくて も大丈夫!『U』を人生に活かせるセミナー
http://cafecosmos.net/events/2015/0524_180000.shtml
カテゴリ :公開セミナー開催レポート トラックバック(-) コメント(0)

はやりでなく、本質的なシフトチェンジとしてのワーク・ライフバランスについて

 2015-05-10
今日、とある方から言われてハッとしたこと。

「自分の生き方に反した仕事や(※)仕事のやり方を選べば選ぶほど、
ワーク・ライフバランスから遠ざかる。僕はそう思いますよ。」

おおぅ、WLB…深い。でも、確かにそうかもしれない。

少なくとも、流行りだけではない本質的なシフトチェンジとして、
私が探究したい第一義的なWLBってそういうことかもしれない。

そしてそのスタンスで語るなら、自分がまっすぐにWLBな人間でいたい。

自分の日々のタスク選択をもっと精査して進もう!

しっかり自分自身を握っていないと、
日々の強い流れ(とくに義理と目先の欲と保身)に押し流されてしまう。

改めて…ふんどしをしめなおしたぞー。

なお、上記は私へのアドバイスでしたので、
仕事(※)と言うのはオファーのことで、
ここでは職業のことを言うのではありません。

また、生き方に反した仕事や仕事のやり方というのは、
職場に置き換えるとクライアントがいうままの納期とか、
必要以上の上司からの資料作成のことであり、

そこは義理や目先の利益や保身に押し流されず、
自分の目指したい働き方のために、
逆提案や断る勇気を発揮すべき。

うん、きっと、だれでも、どんな職業でも、
WLBは実現できる!

そこへのブレを持たないためにも、
私が自分のWLBを死守しなくちゃ!と、覚悟を新たに。

「私を生きる あなたと生きる」

ぷんぷん!たまには、私も怒るのです。

 2015-05-01
先日、同じことを大切に考えているお友達とおりました。

そして、私たちのその価値観に反する行為をする人を見かけ、
一緒にぷんぷん怒ってました。

そう、ち〜っと熱くなって、怒ってましたっ。

そのお友達は、思慮深く淑やかで優しい女性ですから、
可憐にかわいらしい声で怒っていました。

しかし、一言一言はとても凛とした言葉で、深く厳しく怒ってました。

同じことで茨木のり子さんも怒ってるから、僭越ながら、同志です。

この詩は厳しい口調ながらも、
実はとても愛情深い願いであり祈りなのです。

私も、怒りながらも、

その方の感受性がその方自身で守られるほど

その方がご自身を満たす選択をすることを祈っています。

ご自分をご自分で傷つけることから、
ご自分がしっかり守ってあげてください。
( T_T)\(^-^ )

そして私も、自分自身の感受性を自分への慈しみをもって大切に守ります。

この世を豊かにすごすためにも。

「私を生きる あなたと生きる」

*********************

茨木のり子 作
『自分の感受性くらい』

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが

ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。