FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リソースの解放、やさしさの解放~女性活躍推進への視点

 2014-11-19
~リソースの解放、やさしさの解放~

女性活躍推進関連研修を、1000人規模の企業様へ行いました。

経営層が旗振りをしているプロジェクトなので、研修はトップからシャワーのように行えてそれがうれしかった。
(女性研修をして、女性だけを焚き付けようということが多いのですが、意味がないんだもん。)

というわけで、先日は2日間かけて、役員層(2時間講演)から役職者(7時間研修)、そして女性リーダー候補者むき(7時間研修)と、一気に3層に3種類展開しました。

数か月前から社長を含めた経営陣、および、人事の方やダイバーシティ推進担当の方とミーティングを重ね、研修直前は、漫画家のように部屋にこもり、のべ2週間かけてプログラムを練りテキストを仕上げました。

そして、語りまくりの全16時間。皆も語り、そして私もよく笑って楽しかったけど、いやあ、さすがに疲れました。

が、一気にこの仕事に集中することができたおかげで、女性活躍推進の課題に向き合うための、私の軸が深まりました。

その軸とは、女性活躍推進は、会社側の事情、日本の事情などいろいろ背景があるのですが、組織で働く人々にとって見たらそれは、リソースの解放であり、やさしさの解放になるのだ、ということです。

女性部下のもってるリソースを楽しみに引き出してみてほしい。
いろいろ、問いかけてみて、意見を聞いてみてほしい。
すごいでしょ、彼女たち。すごいのよ、本当に。
また、女性へは、あなたがずっと持っていたその力を、出してみていいんだよ。
そんなメッセージを込めたい。

そして、自分のリソースに気が付いたら、本当は力を出してみたい自分にも気が付いた。
求められているんだと知ったら、リーダーとしてひと肌脱いでもいいかなって思えた。
いや、リーダーにはなりたくないけど、でも、次にチャレンジしたいことが見えてきた。
それで、いい。出たがっていたリソースは、解放の機会を得た。

また、
相手がどういう存在かわからないから、
わからないから、傷つけることになってしまってた。
わからないから、勝手にひとりで怒っていた。
わからないから、押し付けることになっていた。
わからないから、がまんするしかなかった。
わからないから、あきらめていた。

でも、わかったら、どう接したらいいか分かった。
相手にとって何が激励の言葉になるか、分かった。
相手にとどく思いやりや期待の態度がわかった。
やっと自分の中のやさしさを届けられる。
本当は気持ちよく力を引き出してあげたいと思っていた。
本当は、手を貸したいと思っていた私がいた。
わかんないと思っていたけど、同じなのか、自分と。そう気が付いた。

とね。

そこなんだな。そこ。

大きな過渡期を迎えている働き方の変容は、
本当は出したかったリソースを出すきっかけ。
本当は出したかったやさしさを出す方法を知るきっかけ。

長く男性中心だった職場では、この新しい展開に壁にぶつかったり葛藤したりと、楽しいことばかりではないでしょう。
だからこそ、伝える役割担当の私は、揺るがずその視点を提供していきたいと思いました。

『私を生きる あなたと生きる』
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。