FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

美に関するちっちゃい考察

 2018-04-24
【美に関するちっちゃい考察】


年を重ねてくると、目はたるみ、頬は下がり、髪はパサつき、肌はハリを失う、という衰えは逆らえず。

しかし、決して若くない年齢でありながら、いつまでも麗しき先輩方を見て、美しさとはなにか、という興味が湧いたなんでも探求家のわたくしです。

探求の末、ひらめいたわたしの答え。


それは生命力。
美とは、生命力である。


かつて女子大で教鞭をとっていた時、お顔のつくりはそれぞれだけど、どの子も本当に綺麗で私はうっとりしてました。
肌や髪や動作から、生命力があふれてる。

美しいったら、ない。

たぶん、一般的に若い方が男女問わず美しいと感じるのも、「細胞の若さ」という生命力を感じて「美」という感動をしてるんだなあと思う。

その細胞レベルの生命力そのものは、齢とともにどうしても衰える。自然なこと。

では、どうするのか。

それは周りの生命力とつながることかと。
生命力とつながるって、
新緑や、
青空や、
平和な空気や、
綺麗な刺繍や、
形のいいじょうろや、
子どもの笑い声や、
若い人の躍動感、
なんてものに敏感になって、
「はぁ〜〜、いいなあ」って堪能することだと思います。

いつまでも麗しき諸先輩方は、みな、そんな生命力に満ちている気がします。

奪ったり、ひとに勝つのが上手という渇望脱出エンジン優れてます系の生命力ではないよ。

私はもう自分の身の丈に合った暮らしで満足してる、ひとはこんなに豊かさに囲まれてるんだもの、渇望するものはない、と、満ちあふれちゃう生命力ね。

それを、福々しいという。
福々しい顔。
福々しい存在感。
件の諸先輩方も、丸顔、細面問わず、みな福々しい。

40すぎたら自分の顔に責任を持て、とは男性に向けた言葉だったでしょうか。
女性もしかり。

決して若くない40代。
体調も精神面も、内面がありありと顔に丸出しになるおとしごろ。

昨年の手術のあとは、身体がつらくて本当に顔に死相がでてた。
気分も塞ぎ込んでたし、一気に老けたし、かなり貧相な顔してたもんなあ。

福々しい顔でいられることを心がけたいものです。

(そういえば、
マインドフルネスは周りの豊かな生命力と繋がりやすくなるものだし、成人発達理論で言う所の発達段階が上がるって、この手の生命力と繋がりやすくなることかと。
また、NVCで言うニーズはまさに生命力のことだし、この辺りの勉強は美容によいかもしれないなあ(笑)
知を養い、心を磨くことは、外側を磨くことなのね。)
スポンサーサイト

組織の変化と抵抗

 2018-04-18
昨夜はこちら「働き方改革」(小室淑恵著)の書籍で、企業の人事の方や、働き方改革推進チームの方などなどご参加頂きまして、オンライン読書会でした。
豊富な事例と、ハッとするポイントキーワード満載の書籍です。
そして語られる、改革現場の葛藤。

・関係性の質、の重要さ(ダニエル・キム)はやはり重要
・改革に時間がかかることへの負担感
・なかなかゴールが見えないつらさ。
・しかし、変化は確かに起きてる。変化しないことではなく、変化したこと、効果があったことを一つ一つ拾って展開してゆく(書籍でもそれを勧めてました)
・分かろうとしない人はどんなに説明してもむり。
・トップや管理職の理解、発信の大事さと、そこが動かない時の人事や推進チームのつらさ
・仕事を「見える化」(朝メールなどで)することの大事さ
・欧米型の働き方や発想と日本人のメンタリティ
・マイクロソフト社の事例とAI人事評価の可能性

などなど、書ききれないほどたくさん語られました。

終わって感じたことは…
変化の必要性を認識した人は、その一方で変化を恐れるひとの「恐れ」にヤラれる。
コンサル先の推進チームの方も、そんな場面に直面してる。

・忙しいのに、こんなことをやらせて。
・これをやって、意味があるのか?(そこにすでにメンバーの変化や発言量のアップなど「意味」は現れておりその際のビジョンに向かっているのに、やはり、見ようとしないと見えない)
・大事とわかっているけど、めんどくさい
・自分が頑張らなくても、誰かかがやってくれる…

そんな風に現れる、反対派と無関心派の持っている、潜在的な恐れの大きさは、かなり重たい。
そんな時は、光を見つめる時間を長くするべし。
変化した先の可能性と繋がり続けるべし。
そして、恐れの相手はほどほどにして、光を指し示し続けるべし。

もしそれで、無能と言われても、恥をかいても、自分の信じる世界があるなら、私は軽やかにそこにい続けていたいなあ、と改めて思いました。

だって、すでにやり遂げた企業もじゃんじゃん出てきているし、その企業さんたちの豊かさや伸びやかさの報告は、ただ知るだけでも改革の希望なはず。

ワクワクは、枠を超えて。
枠を超え、思い込みを超え、手にしたい働きやすさと働き甲斐を得て欲しい。
枠を超えるときの、葛藤ゾーンに負けないで行こう〜

って、なんだ、やっぱり、個人も、組織も同じだな。
ワクワクしたとこへ、行こうよ。

スマートマジョリティ

 2018-04-10
【スマートマジョリティ】
ある記事がありました。

土俵の女性が乗ったことで日本中から責められている若い行司さんを、ダウンタウンの松本さんが「この人もまじめやったんやろうなあ」と言った。「真面目な組織人ほど、嘘や不正をしやすいもの」とまとめられた記事でした(今はもう消えてる)

私も、この記事を書いた人と同じ視点でこの騒ぎをみておりました。
そして、「真面目がゆえ協会の秩序を乱した貴乃花親方を袋叩きにした」あたりを見届けたところで、あの騒動の記事を追うのをやめました。

なんだか、残念すぎて、過ぎて、過ぎて、過…まあ、なんか、あほらしくなっちゃって。

ちなみに、成人意識の発達理論って、たしかアイヒマンの思考停止の研究から進んだと、学びました。
この理論では、全体の7割を占めると言われる第3段階は、自分の思考で考える前に自動的にコミュニティのルールを盲信するところが特徴と説明されています。
「だって、決まりだし」
「だって、そういうものだし」
「だって、上がそう言うし」みたいに。

よって、私は、ひとというものは、つい場のルールを盲信してしまうものなのだ、ということに気が付くことが大事だと思います。

さらに、そこで一旦「今、信じているものや信じているリーダーは、本当にたしかなものなのか、本当は自分はどう思うか」と自問し、改めて選びなおす…そんな賢いマジョリティになるとよいなあって願いがあります。

私はそれを、スマートマジョリティって造語を作って発達理論のセミナーではお伝えしています。

今信じている「当たり前」をちゃんと客観的に見つめなおす意識をもつ。
それがスマートマジョリティ。

真面目に生きない。ルールに生きない。ちゃんと自分で選んで、わたしを生きる。

心配を祝福に〜心配の取り扱い上級者編

 2018-04-05
【心配を祝福に】

長男の入学式でした。
中学生の入学式も合同で…男の子の大群です。
学ランで真っ黒な会場に響く低い声…(笑)
もう慣れたけど。

長男については、この3年間心配しっぱなしで、
本当に、ほんっとーに、母親として精神的に鍛えられました。

ただ、コミュニケーションの勉強なんかをやっていると、
心配は不幸を願うも同じことだ、と知識で知ってしまいます。

とはいえ、「わかっちゃいるけど、心配だー、寝ても覚めても気になるぞー」と、自分の心配心をひどく持て余すことも多かったです。

「心配とその対処法」ってテーマで、ちょっとしたレポートが書けるくらい、心配ってやつと付き合い、探求した気がする。


ある日、いよいよ、のっぴきならない壁に彼がぶつかり、私の気持ちが千々に乱れまくったときがありました。

そのとき、激しい心配の渦の中で、ふと不思議な境地に立ったことがありました。

「ん………?あれ?
この子、もしかして、いますごく豊かなものを味わっているんじゃない?」と。

悩むことはいい体験になる、とか、そんな言葉でリフレーミングしたのではなく、ただ、なぜか、本当にそうだと感じてハッとしたのです。


そして、
「ああ、この子はいま、生きることを全身で生々しく味わい、堪能しているんだなあ」と、悩みの最中の彼を心から祝福したくなってしまったんですよね。
そしたら、わたしから彼へかける言葉まで、丸っと変わってしまいました。

そしたら急に、私が呑気なことを言うようになったから
「もう、お母さん、なに呑気なこと言ってんの(笑)」と、深刻だった長男も、調子狂って笑っちゃってました。

久しぶりに緩んだ顔を見て、「ああ、こういうことなのねえ。心配するのではなく、信じろ、ということは」と、新しい人生の発見をした気分でした。

この3年間の一番大きな学び。まさに、心配の取り扱い上級編のような体験でした。


それにしても、「心配」から言葉を発していたときの、
腫れ物に触るような声かけ、
慰めているようにみえて「信じてない」が混ざったうわべの言葉…。
きつかったろーに。
ほんと、ごめんね。


ちなみに、なぜ、私がそんな境地に立てるこころの隙間が出来たか。

それは、彼の窮地に、夫が息子に「いつでも帰って来ればいい」と、伝えた姿を見たから。
実は、私は夫が一番あわてふためき動転すると思ってました。なのに、迷いなく伝えたこの言葉。
それで、なにか私の枠がポロっと取れたのです。

さすが、ご縁あっての家族づくりプロジェクトパートナー。
片方へこめば、片方がんばる。

長男よ、たくさんの貴重な学びをありがとう。

高校進学、本当におめでとう。

さあ、次はどんな3年間を創るのかな。
お母さんはもう平気だぞ。なんでもこーい!

マナプレナーズ・ジャパンさんにてインタビュー記事が掲載されました

 2018-03-22
【インタビュー記事掲載】

ママプレナーズ ジャパンさんにて、インタビュー取材を受けました記事がアップされました。

起業から15年、育児や家庭と仕事の間でどんな葛藤や学び、サポートがあったかを語らせていただきました。
よろしければ、どうぞご覧くださいませ。
インタビュー記事はこちら

家庭を持ちながら起業、フリーランスを目指す女性には、他の方の記事もとても参考になると思います。
ぜひ、合わせていかがですか?
サイボーズ青野社長のインタビューもありますよ(^^)

また、この、「Mompreneur®(ママプレナー)」のコンセプトに共感します。
企業の働き方改革がすすんでいます。組織人女性らは、自分らしさを発揮し輝き始めています。
女性起業家も、自分らしく、楽しく、大事にしたいものを大事にしながら働きましょう。

《以下サイトより抜粋〜ママプレナーとは》
世界中で広まる「ママプレナー®」という生き方・はたらき方
「Mompreneur®(ママプレナー)」とは、「子育てと自分の事業(会社経営、個人事業など)を両立している女性」を指します。「Mompreneur®」は “mama”(ママ)と”entrepreneur”(起業家)の複合語であり、近年世界各地で使用されている新語です。イギリスやカナダ、オーストラリアなど海外諸国では既に、ママプレナー®が集う大規模な団体・コミュニティーもあります。
日本におけるこれまでの「女性起業家」のイメージは、男性と同じ働き方に身を投じているか、パートナーの扶養範囲内に収まっているか、どちらかに偏っていたように思います。「ママプレナー®」が目指しているのはそのどちらでもなく、女性が精神的・経済的に自立したうえで、パートナーや周囲の協力を得ながら家庭や子育ても大切にする生き方、働き方です。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。